3年半お世話になりました。

2017年10月でオオマチ歯科クリニックを卒業しました、衛生士の高平です。

オオマチ歯科クリニックには、3年半お世話になりました。衛生士学校を卒業して入社し、先輩衛生士さんや院長からたくさんのことを学ばせていただきました。

日々の仕事の中では新人の私に手厚く指導していただいたり、自由に外部へ勉強会の参加をさせていただいたり、とても充実した3年半を過ごさせていただきました。

オオマチ歯科ブログ

優しい院長や、優しいスタッフがいたからここまで頑張ってこれたのだと思います。

そんな素晴らしい医院を去ることになってしまったのはとても残念ですが、衛生士としてのこれからの目標、夢ができてしまったので、泣く泣く卒業という形になりました。

私の思いを受け止めてくださった、院長に心から感謝しています。

卒業となってからの一番辛かったことは、メンテナンスを担当させていただいた患者様とのお別れです。

有難いことにほとんどの患者様から「寂しくなるねぇ」「今まで本当に感謝しています」など、嬉しいお言葉やお手紙をいただき、涙が出るほどでした。有難うございます!

私が去ってもここには素晴らしい衛生士がたくさん居ます、どうぞ安心してメンテナンスいらしてくださいね!

そしてあっという間に卒業の日が近づいていき、9月に送別会をしてもらいました。

クリニックからは花束を、院長からは卒業証書を、スタッフからは私の大好きな後輩たちが考て作成してくれたアルバムをいただき、とても感謝でいっぱいの卒業式でした。

非常勤の吉見先生、辻先生とも最後に写真が撮れて、どれも宝物です!

これからも、素晴らしいクリニックであり続けてください!
今までたくさんたくさん…ありがとうございました!!