CAD/CAM (キャドカム) 冠の保険適用

2014年4月から、より丈夫な白い人工歯が保険適用になりました。

セラミックスとレジン(歯科用プラスチック)との混合素材で出来ています。
画像のようなブロック形状のものから、IT技術によりコンピュータ切削を行います。

保険適用範囲は小臼歯 (前歯から数えて4~5番目)と少ないですが
今後の臨床次第で拡大が予想されます。

Cadcam01
Shishiki_04_05
材質はハイブリッドセラミックスが使われます。
レジン(歯科用プラスチック)にセラミックスを混合したかぶせ物です。
歯科用プラスチックより変色しにくく、オールセラミックスより安価な新素材です。
ここは従来、歯科用プラスチックや銀のかぶせ物が主流でした。
これにより、今まで自費治療で使われていた素材を保険診療で用いることが出来ます。
形状は単冠、1つの歯のかぶせ物であることが保険の対象となります。
コンピュータを使った3次元デジタルデザイン技術(CAD)と
データを実物に組み立て構築する技術(CAM)が名前の由来です。

診断後、歯型を採取します。
これから歯型の模型を作り、コンピュータに読み取らせます。
作りたい人工歯の形を、3D CGで練り上げます。

ブロック状の素材をコンピュータで自動切削していきます。
この後、歯科技工士の手作業により微修正を行います。
細かな凹凸など最終調整は人の手によって仕上げられます。
通院回数 最少3回 ※かぶせ物の仮どめから本着をふくみます
治療期間 開始からかぶせ物の本着まで約2週間
 平均使用年数  6~7年 ※個人差が生じます
通院回数や治療期間は現在のお口の状況や、ご予約の間隔にもよります。
詳しくは当院までお気軽にご相談ください。

CAD/CAM (キャドカム) 冠の特徴

メリット

・従来の銀歯と比較して、白く目立ちにくい
・従来のレジンより変色しにくく高強度
・レジン同様、非金属のためアーチファクト ※ が発生しない

デメリット

・透明感がなく、オールセラミックスに比べて自然さで劣る
・プラスチックを含有するため、黄色く変色する
・強い歯ぎしりや食いしばりで割れや欠けが発生する

※アーチファクト
金属周辺で、画像の読み取り不能が起きる現象を指します。
写真のように金属部からの白い障害陰影で画像が乱れた箇所がそれです。
MRIやCTなどの頭頚部画像診断ができない場合があります。
セラミックスやレジンではこの現象は起きません。
artifacts
その他 諸注意について

咬み合わせによってご利用できないこともあるため、まずは歯科医師にご相談ください。

単冠のため、隣接する歯の状況によって違う治療法をご提案する場合があります。

将来的に歯茎が下がってくることで、歯と歯茎のすき間が見えることがあります。

咬み合う歯を傷つけないために、CAD/CAM冠自体がすり減っていきます。

またセラミックスより歯垢が付着しやすい素材になっています。
3ヶ月に一度の定期的な検診をおすすめしています。