歯が生え替わるまでに

どうせ永久歯に生え替わるからと、乳歯がむし歯になってはいませんか。
またはお子さまの歯みがき後、磨き残しや歯垢の蓄積はありませんか。

もし乳歯がむし歯になってしまった場合、
その生活習慣は大人になっても続いてしまいます。

むし歯は感染症です。

むし歯のあるお口は、まだ生えたばかりの弱い永久歯にとって天敵です。
そのため、むし歯リスクは更に高まっていきます。

お子さまの健康のために、乳歯から大切にしてみてはいかがでしょう。


歯の生え替わりの時期に

生えたての永久歯は表面が粗く、柔らかく、抵抗力を持っていません。
乳歯と永久歯が混在していると歯並びがデコボコになりやすい時期です。

このときは汚れもたまりやすく、むし歯になりやすい時期とも言えます。

乳歯の時期から、永久歯に生え替わるまでが肝心です。
当院ではプラークの色染めチェック、歯みがきトレーニングなど
お子さまのための取り組みに特に注力しています。

お家でも歯みがき後の磨き残しチェックをしてあげてください。
もし汚れが目に見えるようであれば、仕上げ磨きもしてあげると理想的です。


お子さまをむし歯から守る3つの方法

1.むし歯菌の感染源を取り除く

むし歯を作る菌には2種類あります。

唾液からの感染するミュータンス菌。
そして炭水化物や乳酸飲料に含まれるラクトバチラス菌。

まずは周囲の大人のお口を清潔に保ち、同じ箸やスプーンは使用を控えましょう。
そしてお口の乾燥を防ぎ、寝る前の歯みがきでは仕上げ磨きをしてあげてください。

2.日ごろの食習慣から予防を促進する

チョコレートやジュースなど、糖分の摂りすぎを抑えることも大切です。
代替甘味料としてキシリトールやシュガーレスの製品などがお勧めです。

キシリトールは唾液分泌の効果も認められます。
さらさらの唾液は、お口の健康維持には欠かせない存在です。

3.歯みがきスキルUPと歯質の強化

何よりまずは歯みがきの仕方を、お子さまの歯に合わせることが大切です。
そのために、低学年ごろまではお父さんやお母さんの協力も不可欠です。
お子さまの歯みがき後、磨き残しチェックをしてあげてください。

また、歯科医院での3ヶ月に1度の定期検診で歯質を強化することも効果的です。
具体的にはさらなる磨き残しの除去。
そしてフッ素の塗布です。

お子さま連れの方へ

当院ではキッズスペースをご用意するだけでなく、診療室も広く設計しています。
お父さん・お母さんとご一緒にお子さまを診療室へご案内することも可能です。
またお子さまの診療にお立ち会いになることも出来ます。

その他ご不明な点などございましたら、お気軽に当院宛までお電話ください。