お口を清潔にして感染症対策♪

今年もインフルエンザの季節になりました。激しい悪寒や頭痛、高熱をひきおこし、時には命まで奪うインフルエンザのウィルス感染によって起きる病気です。

そこで日頃から知っておきたいのが「予防策」です。手洗いやうがい、そして予防接種をすること、栄養バランスと睡眠を十分に取ること。ここまではおなじみの方法です。これにもう1つ追加したいのが、「歯磨き」です。

近年の研究によって、「お口の中を綺麗にして細菌を減らすと、ウィルス感染のリスクが減る」ことがわかってきました。逆に、「歯磨きをサボってお口の中に細菌がたくさんいると、細菌が風邪やインフルエンザのウィルスの感染をサポートする毒素をたっぷり出して喉の粘膜に悪影響を与え、その結果ウィルスの感染が促進されてしまう」と言うのです。

そこで、細菌をやっつけるには、歯磨きの際に歯ブラシやフロスを使って器械的に取り除くのが一番です。でも、抗菌性のある洗口液の働きを上手に使うと、さらに効率が上がります。どんな洗口液が効くのかがご紹介します。

世界中で広く使われているのがリステリンです。抗菌性のある植物のエッセンシャルオイルを使ったリステリンは、細菌を減少させる効果が認められていて、伝統的に使用されて安全性と有効性が高く評価されています。

IPMP(イソプロピルメチルフェノール)は、水に溶けやすく殺菌剤で細菌への浸透力があり短時間で殺菌作用を発揮します。

それから、CPC(塩化セチルピリジニウム)は、細菌への浸透性はありませんが、細菌の表面にくっ付いて細菌の増加を抑制します。歯肉炎予防に効果があり、さまざまな歯みがき剤や洗口液に配合されています。

 

当院では、Systema SP-T メディカルガーグルをおすすめしています。

お口の中や喉の殺菌、消毒、洗浄する希釈タイプの含嗽剤です。清涼感を与え、口臭を除去する効果もあり、殺菌効果に優れたCPC配合です。

 

元気な体は、清潔なお口からです!
お口の中に凶悪な細菌たちを増やさないようにしっかりケアして病気を予防し、この冬を元気で乗り切りましょう。