īŊžčĒįŸĨį—‡äēˆé˜˛ã€ã‚šãƒˆãƒŦã‚šã‚ŗãƒŗトロãƒŧãƒĢãĢīŊž 「ã‚Ŧム噛ãŋ」大äŊœæˆĻīŧīŧ

đŸŒ¸ã€Œã‚Ŧム噛ãŋ」で免į–Ģ力ã‚ĸップ 🌸

ã‚Ŧム噛ãŋぎäŊœį”¨ã§čĄ€æļ˛ä¸­ãŽãƒĒãƒŗパįƒãŒã‚°ãƒŗとåĸ—えãĻ免į–Ģ力がã‚ĸップすることが明らかãĢãĒãŖãĻきぞした。

「ã‚Ŧム噛ãŋ」で゚トãƒŦã‚šįˇŠå’Œã—、免į–Ģ抟čƒŊをæ´ģ性化させようīŧ

ã‚Ŧム噛ãŋをすると゚トãƒŦã‚šãĢよるäē¤æ„ŸįĨžįĩŒãŽæ´ģ動が抑åˆļされ副äē¤æ„ŸįĨžįĩŒãŒå„ĒäŊãĢãĒりãƒĒナック゚劚果がもたらされぞす。

こぎäŊœį”¨ãĢよãŖãĻ免į–Ģ抟čƒŊを司るãƒĒãƒŗパįƒãŒåĸ—えã‚Ŧãƒŗぎ原因、æ´ģ性酸į´ ã‚’å‡ēすåĨŊ中įƒãŒæ¸›ã‚‹ã“とがわかりぞした。

旊期į™ēčĻ‹ã‚‚大切ですが、ã‚Ŧãƒŗぎäēˆé˜˛ã™ã‚‹ã„い斚æŗ•ã¯ãĒいかīŧŸ

ãƒĒãƒŗパįƒãĢはį—…原äŊ“ãĢ感染したį´°čƒžã‚’æŽĸしå‡ēす「キナãƒŧį´°čƒžã€ã€æŠ—äŊ“ã‚’äŊœãŖãĻį—…原とæˆĻう「Bį´°čƒžã€ã€į—…原äŊ“ぎäžĩå…ĨをįŸĨらせãĻ手劊けする「ヘãƒĢパãƒŧį´°čƒžã€ã€ãã—ãĻã‚ŦãƒŗをæŽēす「ナチãƒĨナãƒĢキナãƒŧį´°čƒžã€ãĒおがありぞす。これらぎãƒĒãƒŗパįƒãŒåƒãã“とでį´°čŒã€ã‚ĻイãƒĢ゚、ã‚Ŧãƒŗぎį´°čƒžãŽč„…威からäŊ“を厈ãŖãĻくれるぎです。

晎æŽĩぎéŖŸäē‹ã§ã‚‚よく噛ãŋ、ã‚Ŧム噛ãŋしぞしょう。

éŖŸäē‹ã‚’よく噛むことはåĨåēˇãĢいいとåēĻã€…č¨€ã‚ã‚ŒãĻいぞすがãĒぜ噛むこととåĨåēˇãŒé–ĸäŋ‚しãĻã„ã‚‹ãŽã‹ã„ãžã„ãĄį†č§ŖできãĻいãĒいäēēは多いはず。よく噛めば『がん』もäēˆé˜˛ã§ãã‚‹ã¨ã„ã†čŠąã‚‚ã€ã€ã€ãã“ã§äģŠå›žã¯ã‚ˆãå™›ã‚€ã“とが重čĻã§ã‚ã‚‹į†į”ąãĢčŋĢãŖãĻいぞした。

「唞æļ˛ãŽåˆ†æŗŒã§į™ēã‚Ŧãƒŗ性を抑える」

唞æļ˛ãĢはペãƒĢã‚Ēã‚­ã‚ˇã‚ŋãƒŧã‚ŧをはじめとした12ぎé…ĩį´ ãŒåĢぞれãĻいぞす、ペãƒĢã‚Ēã‚­ã‚ˇã‚ŋãƒŧã‚ŧãĢはéŖŸå“æˇģ加į‰Šã‚„魚ぎį„ŧけį„ĻげãĒお掆おぎį™ēã‚Ŧãƒŗ性į‰ŠčŗĒãĢ寞しãĻäŊœį”¨ã‚’抑える働きがあるだけでãĒãč€åŒ–įžčąĄãĒおぎäŊ“ãĢæ‚ĒåŊąéŸŋとãĒるæ´ģ性酸į´ ã‚’抑える劚果がありぞす。

そぎためよく噛むことで唞æļ˛ãŽåˆ†æŗŒãŒäŋƒã•ã‚Œã‚‹ã¨ãŒã‚“äēˆé˜˛ã‚„č€åŒ–é˜˛æ­ĸãĢ劚果įš„ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいるぎです。

「į†æƒŗįš„ãĒ噛む回数はīŧŸã€

ã‚ˆãå™›ã‚€ã¨ä¸€č¨€ã§č¨€ãŖãĻも一äŊ“おぎくらいãĒぎかがわかりずらいはず。į›ŽåŽ‰ã¨ã—ãĻは30īŊž50å›žãã‚‰ã„ãŒã„ã„ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいるぎでゆãŖくりと時間をかけãĻéŖŸäē‹ã‚’することをåŋƒãŒã‘ã‚‹ã¨č‰¯ã„ã§ã—ã‚‡ã†ã€ã¤ã„ã¤ã„æ—ŠãéŖŸãšãŒãĄã¨ã„うäēēはčĒ°ã‹ã¨ä¸€įˇ’ãĢéŖŸäē‹ã‚’する、テãƒŦビをčĻ‹ãĒがらéŖŸäē‹ã‚’するãĒおしãĻéŖŸäē‹ãĢ時間をかけるįŋ’æ…ŖをåŋƒãŒã‘ãĻãŋるぎも一つぎ手です。

「卑åŧĨå‘ŧぎ歯がいãƒŧぜ」をįŸĨãŖãĻおこうīŧ

卑åŧĨå‘ŧぎ歯がいãƒŧãœã¨ã¯ã‚ˆãå™›ã‚€ã“ã¨ãŽãƒĄãƒĒãƒƒãƒˆã‚’čĄ¨ã—ãŸæ¨™čĒžã§ã™ã€‚

頭文字ぎīŧ˜ã¤ãŒå„ãƒĄãƒĒãƒƒãƒˆã‚’čĄ¨ã—ãĻいぞすぎでčĻšãˆãĻおくとäžŋ刊です、ぞずは大äēēがそぎ意å‘ŗをčĻšãˆå­ãŠã‚‚ãĢ教えãĻあげるといいでしょう。

īŧ‘ã€ã€Œã˛ã€ã€ã€ã€ã€Œč‚Ĩæē€é˜˛æ­ĸ」éŖŸãšéŽãŽã‚’抑える劚果がありぞす。

īŧ’、「ãŋ』、、、「å‘ŗčĻšãŽį™ē達」éŖŸãšį‰ŠãŽåŊĸやįĄŦさをčĻšãˆå‘ŗčĻšãŒé‹­ããĒりぞす。

īŧ“ã€ã€Œã“ã€ã€ã€ã€ã€Œč¨€č‘‰ãŽį™ēéŸŗã€éĄŽãŽį™ē達がäŋƒã•ã‚ŒčĄ¨æƒ…ã‚„č¨€č‘‰ãŽį™ēéŸŗがよくãĒりぞす。

īŧ”、「ぎ」、、、「č„ŗぎį™ē達」č„ŗãĢæĩã‚Œã‚‹čĄ€æļ˛ãŽé‡ãŒåĸ—えãĻį‰Šåŋ˜ã‚Œäēˆé˜˛ã‚„č„ŗぎį™ē達ãĢつãĒがりぞす。īŧ•ã€ã€Œã¯ã€ã€ã€ã€ã€Œæ­¯ãŽį—…æ°—äēˆé˜˛ã€å”žæļ˛ãŒãŸãã•ã‚“å‡ēるぎでč™Ģ歯や歯周į—…äēˆé˜˛ãŒã§ãã‚‹ã€‚

īŧ–、「が」、、、「がんäēˆé˜˛ã€å”žæļ˛ãĢåĢぞれる成分がéŖŸå“ãŽį™ēã‚Ŧãƒŗ性を抑えぞす。

īŧ—ã€ã€Œã„ã€ã€ã€ã€ã€Œčƒƒč…¸ãŽåƒãã‚’äŋƒé€˛ã€æļˆåŒ–é…ĩį´ ãŽåˆ†æŗŒã‚’

äŋƒã—ãĻæļˆåŒ–を劊ける。

īŧ˜ã€ã€Œãœã€ã€ã€ã€ã€Œå…¨åŠ›æŠ•įƒã€æ­¯ã‚’éŖŸã„しばãŖãĻ力をå…Ĩれることができぞす。

ã‚ˆãå™›ã‚€ã“ã¨ãŽãƒĄãƒĒットは非常ãĢ多いもぎ。

ãœã˛ã€äģŠã‹ã‚‰ã§ã‚‚遅くãĒいぎで毎æ—Ĩよく噛むことをįŋ’æ…ŖãĢするようãĢåŋƒãŒã‘ãĻãŋãĻくださいね。

åŊ“é™ĸã§ã‚‚ã‚­ã‚ˇãƒĒトãƒŧãƒĢã‚Ŧãƒ č˛ŠåŖ˛ã—ãĻおりぞすぎで気ãĢãĒられぞしたら

ã‚šã‚ŋッフぞでおåŖ°æŽ›ã‘くださいぞせ。