仕上げ磨きお助けマニュアル 

「子供の仕上げ磨きにてこずっている」と言うお母さんお父さん多いですよね。

泣かれたり、暴れられたり、逃げられたり、お口をがんして開けてくれなかったり…。

歯磨きはもちろんとても大切ですけれど、頑張って毎晩続けてくださっているうちに「1日で1番辛いのが仕上げ磨きタイム」「あれさえなければ…」となってしまうのは、歯科にとって、あまりにも残念すぎる事態です。お子さんの歯の健康を守りつつ、親御さんにホッと一息ついていただけるような仕上げ磨きのアドバイスをお届けします!

イヤイヤされちゃうその理由って?

赤ちゃんのお口に生えてきた小さな前歯、かわいいですよね。

初めての下の前歯が生えてきたら、ぜひ仕上げ磨きを始めましょう。

でもこの時、ちょっとだけ注意が必要なんです。赤ちゃんにとって「最初の歯ブラシ」は、見たことも触ったこともない「なんだか変なもの」。赤ちゃんからすれば、「なんだこれ?!」って感じだからです。

赤ちゃんて、おもちゃもぬいぐるみも、まず触ってみたり、舌で舐めたり喋ったりしていますよね。そうすることで、異物を認識し納得しているんです。歯ブラシをお口に使うことについても、まずは納得してもらうことが大事です。

おそらく最初は、歯ブラシどころか、人からお口を触られること自体、慣れていないはず。指でお口の周りに軽く触れたり、お口の中をのぞかせてもらうことから始めて、慣れてきたらちょこちょこと優しく歯ブラシで触れてみましょう。ご機嫌の良い時に、お膝にゴロンと寝かせ、歌を歌ったりして、スキンシップをかねた遊び感覚でやるのがコツです。離乳食が本格的に始まる前の赤ちゃんのお口は、歯を守ってくれる唾液がとても豊富に分泌され、食生活もまだまだ虫歯のリスクが低い時期なので、「少しずつ歯磨きの準備を始めよう」という感じで大丈夫。

2歳頃から始まるイヤイヤ期に突入する前に歯ブラシに慣れておくためにも、あせらずちょっとずつ進めていきましょう!