phone_iphone
電話予約
computer
ネット予約
mail
メール相談

根っこの治療の後に痛みが出たんですが大丈夫ですか?

2017年12月06日

結論から言うと、治療の方法によっては治療が正常な経過をたどる中で起こりえます。2.3日でだんだんとマシになってくるようであれば問題ありません。

根っこの治療中に根っこの先を触る事があります。そうすると一時的に根っこの先が炎症を起こし、噛んだ時の痛みや腫れ、まれにズキズキとする痛みを起こす事があります
特に麻酔をして根の治療を行った場合は治療中の痛みはなくなるのですが、治療後の痛みが出やすくなります。

根っこの最終的なお薬を入れる方法は大きく分けると垂直加圧と側方加圧という二つの方法があります。
オオマチ歯科クリニックでは、今まで複雑な根の形でも対応でき、根の先に神経の代わりのお薬をしっかりつれめる垂直加圧という方法を取っていました。
しかし、垂直加圧という方法はつめたお薬が根の先から出た時に痛みや腫れを起こす事があります。
そこで、この度最新の単一ポイント法という方法を取り入れました。
この方法は今までは回数のかかっていた根の治療を効率的に行う事で回数を減らし、最終的に詰めるお薬も根の先から出ない為痛みや腫れを起こしにくくなる方法です。
治療コストが高い為、一般的には保険診療では行われない方法ですが、患者さんに対してメリットが高い方法なので、オオマチ歯科クリニックではこの度保険診療においても取り入れる事にしました。
ただ、根の形や状態により垂直加圧の方が適している場合は垂直加圧法を適用します。
治療した歯をなるべく長くもたせる為のベストの方法を選択していく為、術後の一時的な痛みや腫れに関して起こる場合もございますので、予めご了承ください。